乾燥が気になるときはクレンジングを変えてみよう

冬はお肌の乾燥がいつも以上に気になるので、毎日使う化粧品から見直してみるとよいでしょう。
たとえば、クレンジングをミルクタイプの製品に切り替えるのも一つの方法です。
ミルクタイプのクレンジングは水分が多く、なめらかな使用感が特徴です。
お肌にスルスルとのびて優しくメイクを落とすことができるため、お肌の乾燥だけではなく、肌荒れが気になっている人も安心して使えます。
また、オイルタイプのクレンジングよりもお肌を乾燥させる心配がないので、乾燥が気になる季節も毎日使いやすいです。
もちろん、ミルクタイプのクレンジングの中には、無添加の製品もあります。
防腐剤や香料、着色料をはじめとして、鉱物油やアルコールなど、お肌に刺激を与える成分が含まれていない製品なら、敏感肌の人にも適しています。
ちなみに、ミルクタイプのクレンジングを使うときは、あらかじめマスカラなどを専用のクレンジング剤で落としておけば、アイメイクが落ちなくて困ることがありません。

美容によいビタミンCの摂取量とは

美肌によいといわれている成分として明らかなのはビタミンCですが、サプリメントとして取り入れたほうがいいのか、食品で取り入れたほうがいいのか、迷う人は少なくありません。
基本的に両方で取り入れても問題ありませんが、その理由として挙げられているのは、ビタミンCの特性にあります。
ビタミンCの主な特性として挙げられているのが、水溶性であることです。
水溶性ビタミンは毎日摂取する必要があるため、過剰に採りすぎると尿として対外に排出されます。
そのため、毎日多めに摂取しても問題ありません。
1日に千ミリグラム程度が目安といわれており、多くても二千程度をとっている人が多いといえるでしょう。
ビタミンCは二千程度であれば、不要な成分が対外に排出されるため、問題ないといわれています。
ただし美肌をはじめとした美容において大切なポイントとしては、毎食少しずつ取り入れることで効果を発揮しやすいといわれているため、参考にしてください。